チェアマン/役員紹介

新年のご挨拶

公益社団法人 日本プロサッカーリーグ 村井 満

新年あけましておめでとうございます。

4カ月の公式戦中断から幕を開けた2020年。誰にとっても初めてのことばかりのシーズンでした。
再開後のリモートマッチ、そして制限のある中お客さまをお迎えしたスタジアム。
そんな1年間を戦い抜いてくれた選手たちと、Jリーグを支えてくださった全ての方々に改めて感謝の意を表したいと思います。

2021年は、どんな一年になるでしょうか。まだ誰にもわかりません。
私たちが歓声溢れる満員のスタジアムに戻れる日は、まだまだ先なのかもしれません。

それでも、Jリーグは歩みを止めません。

国民の皆さまの健康とスポーツ文化を守ること。そしてサッカーは、ファン・サポーターの皆さまと共にあるべきだということ。
これらを胸に、スポーツが多くの方に元気や勇気を与えられることを信じて今年もサッカーをお届けします。

新たにテゲバジャーロ宮崎を仲間に迎え、40都道府県の57クラブが多くの方に支えられながら、魅力的なサッカーで私たちを楽しませてくれることを期待しています。

本年も、Jリーグは皆さまと共にあり続けます。

2021年が皆様にとってより素晴らしい1年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

公益社団法人 日本プロサッカーリーグ
チェアマン 村井 満

Jリーグチェアマン 村井 満(むらい・みつる)
1959年8月2日、埼玉県生まれ。早稲田大学卒業後、日本リクルートセンター(現リクルートホールディングス)入社。同社執行役員、リクルートエージェント(現リクルートキャリア)社長などを歴任。2008年よりJリーグ理事を務め、2014年1月31日に第5代チェアマンに就任。

役員紹介

Jリーグ副理事長(常勤) 原 博実(はら・ひろみ)
1958年10月19日、栃木県黒磯市(現・那須塩原市)生まれ。早稲田大学卒業後、三菱重工業株式会社入社。同社サッカー部に所属し日本サッカーリーグ(JSL)でプレー。日本代表国際Aマッチ通算75試合に出場。1992年現役引退後、浦和レッズ、FC東京の監督を歴任。サッカー解説者を経て、2009 年より財団法人日本サッカー協会技術委員長などを歴任。2016年3月よりJリーグ副理事長に就任。
Jリーグ専務理事(常勤) 木村 正明(きむら・まさあき)
1968年9月17日、岡山市生まれ。東京大学法学部卒。1993年にゴールドマン・サックス証券に入社し、執行役員などを歴任。2006年7月、ファジアーノ岡山スポーツクラブを創業し、代表取締役に就任。2009年にJリーグ参入を果たした。2018年3月27日から現職。
Jリーグ理事(常勤) 窪田 慎二(くぼた・しんじ)
Jリーグ理事(常勤) 佐伯 夕利子(さえき・ゆりこ)
1973年10月6日、イラン生まれ。1992 年にスペインに移住、93 年から指導者の道を歩み始める。レアル・マドリードのスクールをはじめ、スペイン男子3 部リーグ、アトレティコ・マドリッド女子チームなどで監督経験を積む。2008年からビジャレアルに在籍、男子U19のコーチ、レディースの監督、女子部統括責任者などを歴任。18年に公益社団法人日本プロサッカーリーグの特任理事(非常勤)に選任、2020年3月からJリーグ常勤理事。