アカデミー評価プロジェクト

アカデミー評価制度とアカデミースタンダード

2030フットボールビジョン達成に向け、Jリーグのアカデミーは計画的に世界水準の選手を育てる仕組みをつくる必要があります。では、Jリーグのアカデミーにはどのような仕組みがあればその目標を達成できるでしょうか。

Jリーグは、Jリーグのアカデミーとして達成しておきたい独自の基準を日本の文化やサッカー環境に合わせて23項目考えました。これらの23項目からなる「評価基準」には、それぞれ4つの段階(1つ星〜4つ星)が設定されています。

自クラブのプロサッカー選手を育てられる仕組みをもつ1つ星から、選手を育てることについて世界をリードできるほどの仕組みをもつ4つ星まで、各アカデミーはそれぞれのクラブの考えや計画に合わせ、どの星をめざすかを選んでJリーグに登録します。各アカデミーがどの段階(1つ星〜4つ星)に達したかを詳細に確認し、認定する制度が「Jリーグアカデミー評価制度」です。

Jリーグのアカデミーサポートマネージャー(ASM)は、各アカデミーによる星の登録や星の達成に向けた各アカデミーの取り組みをサポートします。