2003(平成15年)*2ステージ制

百年構想キャラクター『Mr.ピッチ』登場
横浜F・マリノスが昨季のジュビロ磐田に続き両ステージ制覇

  • ヒストリー 2003年

    【2月22日】A3松田チャンピオンズカップ2003にて、MVPを受賞した秋田豊には賞品として車が贈られた。

  • ヒストリー 2003年

    【5月5日】Jリーグ百年構想キャラクターとして4月に初登場したMr.ピッチは早速、精力的に活動。ゴールデンウイークにはファミリーJoinデイズでファン・サポーターと交流した。(埼玉スタジアム2002)

  • ヒストリー 2003年

    【6月15日】引退試合で「しっかりけじめをつけられた」と語った浦和の福田正博。Jリーグ発足から活躍した選手たちも現役を退く時期に。

  • ヒストリー 2003年

    【11月23日】反町康治監督のもと、最終節で優勝を決めJ1昇格を果たした新潟。山口素弘(写真)ら、積極的な補強も実った。

  • ヒストリー 2003年

    【12月6日】昨年の磐田に続いて両ステージ優勝を達成した横浜FMが優勝記念パレードを実施。Jリーグ杯(優勝銀皿)を披露するのは松田直樹(左)と佐藤由紀彦。

日付 Jリーグ関連の出来事 世の中の主な出来事
1月 1日 第82回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝(京都 2-1 鹿島、国立競技場)
2月 16日 A3マツダチャンピオンズカップ(~22日、国立競技場)日中韓のクラブ王者を決める大会。日本からは2002Jリーグヤマザキナビスコカップ優勝の鹿島と、J1優勝の磐田が出場。優勝は鹿島、MVPに秋田豊(鹿島)
3月 1日 2003 XEROX SUPER CUP(磐田 3-0 京都、国立競技場)
15日 J2(12クラブ)開幕
19日 Jリーグオフィシャルソング「飛躍」、Jリーグアンセム「THE GLORY」発売 Jリーグ選手が歌、DVDで参加
21日 延長Vゴールを廃止して引き分けを導入
4月 1日 さいたま市が政令指定都市に移行
15日 2003年度のJリーグ理念プロモーションを発表 Jリーグ百年構想キャラクターにMr.ピッチが登場
25日 六本木ヒルズがグランドオープン
6月 15日 福田正博引退試合(埼玉スタジアム2002) Jリーグ発足以来、浦和で活躍
21日 北澤 豪引退試合(国立競技場) Jリーグ発足以来、V川崎/東京Vで活躍
7月 15日 第1回Jリーグ百年構想イメージイラスト優秀作品賞を発表 受賞4作品はアドカードとして全国で配布
8月 2日 1st ステージ終了 優勝は横浜FM
9日 2003 JOMO オールスターサッカー(J-EAST 3-1 J-WEST、札幌ドーム)
16日 J1 2nd ステージ開幕
20日 全国のコンビニエンスストア(ローソン)でサッカーくじ(toto)販売がスタート
31日 木之本興三専務理事が退任
9月 29日 Jリーグ事務局が港区虎ノ門から文京区本郷(JFAハウス)へ移転
10月 29日 新潟が翌シーズンからのシンガポールリーグ参加のため同国サッカー協会と調印 若手選手の育成が主な目的
11月 3日 2003Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝(鹿島 0-4 浦和、国立競技場) 決勝の MVP賞、ニューヒーロー賞は共に田中達也(浦和)
23日 J2終了 優勝は新潟
29日 J1 2nd ステージ終了 優勝は横浜FM。両ステージ制覇で年間王者となり、前シーズンに続きサントリーチャンピオンシップは開催されず
12月 1日 地上デジタルテレビ放送が関東、中京、近畿で開始
15日 2003Jリーグアウォーズ(横浜アリーナ) 最優秀選手賞はエメルソン(浦和)
28日 Jユースカップ2003決勝(広島 6-4 市原、大阪長居スタジアム)

J1 入場者:416万4229人(前年比:+23万6014人)
平均入場者:1万7351人(前年比:+983人)

J2 入場者:208万4185人(前年比:+27万7793人)
平均入場者:7895人(前年比:+1053人)

J1年間順位

  1. ①横浜F・マリノス(58)
  2. ②ジュビロ磐田(57)
  3. ③ジェフユナイテッド市原(53)
  4. ④FC東京(49)
  5. ⑤鹿島アントラーズ(48)
  6. ⑥浦和レッズ(47)
  7. ⑦名古屋グランパスエイト(45)
  8. ⑧東京ヴェルディ1969(40)
  9. ⑨セレッソ大阪(40)
  10. ⑩ガンバ大阪(39)
  11. ⑪清水エスパルス(39)
  12. ⑫柏レイソル(37)
  13. ⑬ヴィッセル神戸(30)
  14. ⑭大分トリニータ(26)
  15. ⑮ベガルタ仙台(24)
  16. ⑯京都パープルサンガ(23)

    ※仙台、京都が降格
  17.  
  18. (かっこ内は勝ち点。勝ち点が同じ場合は得失点差)

J2順位

  1. ①アルビレックス新潟(88)
  2. ②サンフレッチェ広島(86)
  3. ③川崎フロンターレ(85)
  4. ④アビスパ福岡(71)
  5. ⑤ヴァンフォーレ甲府(69)
  6. ⑥大宮アルディージャ(61)
  7. ⑦水戸ホーリーホック(56)
  8. ⑧モンテディオ山形(55)
  9. ⑨コンサドーレ札幌(52)
  10. ⑩湘南ベルマーレ(44)
  11. ⑪横浜FC(42)
  12. ⑫サガン鳥栖(20)

    ※新潟、広島が昇格
  13.  
  14. (かっこ内は勝ち点。勝ち点が同じ場合は得失点差)

Jリーグアウォーズ

  1. 【最優秀選手賞】
    エメルソン(浦和/初)
  2. 【ベストイレブン】
    GK 楢﨑正剛(名古屋/③)
    DF 坪井慶介(浦和/初) ドゥトラ(横浜FM/初) 中澤佑二(横浜FM/②)
    MF 小笠原満男(鹿島/③) 奥大介(横浜FM/②) 福西崇史(磐田/④) 遠藤保仁(G大阪/初)
    FW エメルソン(浦和/②) 久保竜彦(横浜FM/初) ウェズレイ(名古屋/初)
  3. 【得点王】
    ウェズレイ(名古屋/初)22得点/27試合
  4. 【新人王】
    那須大亮(横浜F・マリノス)
  5.  
  6. (丸数字は受賞回数)