2022/04/04

新型コロナウイルスの検査に関する調査報告

ニュースリリース

Jリーグは、選手・スタッフの新型コロナウイルス感染症の早期発見、集団感染の発生防止のために採用している各種検査について、検査制度の導入決定以降に変異したウイルスに対する有効性や、効果的な検査の在り方を明らかにするために、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)と連携し効果検証を行いました。

調査はPCR検査や抗原定性検査の特徴を踏まえた感染症数理モデルを用いたシミュレーションによるもので、さまざまな検査シナリオでの感染動態を分析し効果を検証しました。詳細は、産総研より本日公開された調査報告をご参照ください。

Jリーグでは、本調査報告が示す科学的な情報に基づき、現在、Jクラブの選手等を対象に実施している定期検査(1週間に2回の抗原定性検査)の効果が一定程度認められうることを確認したうえで、今後も変異が想定される新型コロナウイルス感染症に対し、受検者の負担や運用の実効性を考慮した効果的な検査戦略の在り方を継続して検討してまいります。

 

■産総研による調査報告は こちら

参考:調査の中間報告を受けた第50回新型コロナ対策連絡会議会見レポートは こちら(2022年3月11日付)